桂文枝 芸能生活50周年 ファイナルステージ ~またここから始まる~ に行ってきた

f:id:ZOI7:20171202001811j:plain

 

最近落語とか文楽とか、ちょっと逸れてしまうけれども宝塚なんかに興味が出てきて、タイミングよく存在を知ったので行ってきました。

当時はチケット発売前だったので今日まで結構長かったというか……

 

桂文枝師匠といえば新婚さんいらっしゃいなんかの司会のイメージが強かったのですが、創作落語をされているとか。案外本業の方を知らないものですね。

事前にリアルタイム検索なんかもしましたがほとんど引っかからず、どういう層が来るかと思えば50代以上という感じでしょうか。(そりゃあ引っかからない、という感じでした)同年代の人は本当に見かけませんでした。ゲストのラインナップなんか祖母の方が喜びそうですし……

 

ないだろうと思い込んでいましたが、グッズもありました。扇子、てぬぐい、風呂敷、DVDあたりだったので今回は見送りました(在庫リスクの高いお菓子系グッズが好きです)。

 

今回は落語だけではなく、豪華ゲストとの三部構成だったのですが、18:30開演で22:00終演と想像を絶する長さでした。三部の後半を担当する加山雄三さんが「出番に40分待った」というのもあながち嘘ではなさそうな気がします……客席が結構そわそわしていたのが面白かったです。(私もそわそわしていたクチですが)

 

落語は「読書の時間」と「新・ゴルフ夜明け前」。

「読書の時間」は、授業で読書の時間のために持参した、中身が官能小説でカバーが「龍馬が行く」を音読させられる……というもの。

「新・ゴルフ夜明け前」は、幕末が舞台。坂本龍馬中岡慎太郎新撰組近藤勇沖田総司がゴルフをするというもの(あらすぎるあらすじ…)。面白かったのですが思いの外長くてびっくりしました。幕末の人物がわからないと結構しんどかったかもしれないですね。BGMや映像が豪華でした。調べてみたら映画化もされていたようですね。全く知りませんでした……

 

第二部のトークステージは関根勤さん。めちゃくちゃ短かったです。

関根さんの孫への愛がよくわかりました。孫が好きすぎて女の子に生まれ変わって竹馬の友になりたい発言はめちゃくちゃ面白かったと同時に狂気を感じました。

 

そして第三部のミュージックステージ。

さだまさしさんのトークが本当に面白すぎてこれはコンサートに一度は行かねばならないと決意するほど!

師匠が精霊流し(さださんがかつて組んでいたグレープというユニットの曲)の歌詞にいちいち突っ込みをいれるとさださんが「行間を読んでください」と第一部の「読書の時間」で出てきた突っ込みをいれたり、精霊流しの歌詞が難しくて感情移入して歌えないから簡単な曲をとリクエストする師匠に対し「難しい歌詞です」と前置きしたうえでアアーアアアアアー♪と北の国からを歌ったり……

落語は時代によって言葉を変えられるけれど歌詞はそうもいかない。言葉から腐っていく的なまじめなことも印象的でした(今時電話なんか使わないよとか)。

 

加山雄三さんはとにかく若々しいの一言に尽きます。こんな感想ですみません……

あんなぴしっとした80歳は本当に見たことないですね……バックのバンドの方々もみなさん65歳以上(というかほとんど70歳超で一人だけ65歳になったばかりという感じなので平均すると70くらい)で、今でも現役だからなのかなあとか色々感じました。本当にすごい。

憧れます。年を取ったら絶対運動しよう……(年を取ると寝られないのは基礎代謝が減って寝る必要がないから云々)

歌の感想なくて容姿のことばかりで本当にすみません……

 

そして帰りにはなぜか日清のカップラーメンとお椀で食べるチキンラーメンが配られました。あ、ありがたい……!(こんなの食べないわ、と仰ったマダムに要らないならくださいという勇気は流石にありませんでした……)

すみのえアート・ビート2017に行ってきた

今週のお題「芸術の秋」

 

すみのえアート・ビート2017に行ってきました。

お目当てはもちろんラバーダック

f:id:ZOI7:20171113075738j:plain

良い画像が撮れる気がしなかった……

想像以上に人が多く、スタンプラリーでは人だかりができていました。

(一カ所が良く言えば下町情緒あふれるような場所、率直に言えば文化住宅のど真ん中を通るような場所に設定されていてちょっと申し訳なかったです……)(人が多すぎて住民の方に怒られそうな気がしていたのですが、すごくまったりした雰囲気で安心しました)

スタンプラリーの景品はマスキングテープでした。勿体なくて使えない……!

 

f:id:ZOI7:20171113075735j:plain

会場ではファンの方たちがご自身のアヒルちゃんを持ち寄って撮影されていたのが印象的でした。

普通に撮影スポットと化していたので気付かなかったのですが、今思えばこのアヒルちゃんももしかしたらファンの方の私物かもしれません……

 

ヒルちゃんグッズの物販もありました。

f:id:ZOI7:20171113075731j:plain

こんなにグッズがあるとは!

列が長くて進みがゆったりだったので諦めて帰りました……残念。

アート・ビートといいながらもアヒルちゃんメインだったので、おそらく開催される来年はアヒルちゃん以外も楽しみたいと思います。

 

ちなみにこのクリエイティブ大阪(名村造船工場跡地)を訪れるのはさゆの復活イベント以来でした。まさかこういうところだったとは……

ハガレン展に行ってきた

今週のお題「芸術の秋」

ハガレン展@大阪に行ってきました。

 

11月3日から大阪で開催されており、初日からの三連休を避けて8日(水)に行った結果……

f:id:ZOI7:20171109202058j:plain

※2017/11/8 正午ごろ撮影

目当てのグッズが完売していました\(^o^)/

大阪会場から登場したステッカー、なくなるの早すぎやしませんか……

転売しようと冗談を言い合っていたのですがむしろお世話になる側でした。まだ一週間経ってないのに……

ちなみに時計は最初の三連休で尽きていたそうです。みんな早い。

グッズ売り場は展示の出口にあり、おそらくグッズ購入だけでは入場できないようになっていました。

 

ド平日なので、入場制限はありませんでしたが、中は思いの外混み合っていて、展示を見る列が自然に形成されていました。

入り口付近に大量のポールがあったので、土日はものすごい列を形成するんだろうなとちょっと震えました。東京の最終日は入場券の購入だけでも数時間待ちだったとか。

17時までしか開場していないので、午前中に行かれることをオススメします。

 

展示内容はカラーイラスト、漫画の原画、荒川先生の私物のモデルガン・刀類、アニメの資料(ごく一部)など。

個人的には漫画の原画が面白かったです。

ベタって結構ムラがあるんだとか、ベタの上のトーンってわりと残ってるんだとか、青のシャープペンでのトーンの指示があるとか……

特にトーンの指示を見て、漫画家って内向的な印象をもたれがちだけれど、アシスタントと作業する以上はきちんと指示するリーダーシップが必要なんだな、と謎のことを考えてしまいました(原作を読み込んでいないので謎の視点)。

デジタル作画の多いこのご時世でこういうアナログなものを見ることができたのは本当に楽しかったです。最後のアニメ(・アニメ映画)のゾーンもですが。

 

今回、アニメイトで前売り券を購入しようと思ったのですが、開催前日時点の日本橋店では一般のチケットが完売していて学生用しか残っていませんでした。

アニメ放送時に中学生だった人も大学卒業している年齢なので、学生用が余ってしまうのも頷けますが、完売……影響力の大きさに驚きます。

次は予習して展示替え後に行きたいと思います。

 

追記

場所のことをすっかり忘れていました。

ATCミュージアムってATCのどこ?と調べたものの、ネットの海では探しきれませんでした……

遠征される方などのお役に立てるとよいかな、というわけで追記です。

 

ATCミュージアムはO's mall南館の1階が入り口です。

距離としては「中ふ頭駅」の方が若干近いです。ニュートラムを隔ててハイアットリージェンシー向かい側の建物です。エスカレーター(屋外にあるんですよ!)を使って歩道橋を渡って建物に入るとちょっと寂れた感じと免税店の多さに驚きます。

トレードセンター前駅」は少しだけ遠い代わりに、一切外に出ず移動できるので、雨の日や寒い日はトレードセンター前が良いかもしれません。あと迷いにくいです。改札を出て左の出口から道なりに進み、左(一旦渡り廊下みたいな方に出る側・ダイソー方面は逆)をずっと直進すれば北館を通じて南館にたどり着けます。

どちらの駅を選ぶかは運賃ですかね……?

(ちなみに、新大阪駅天王寺駅を発着点にする場合、土日祝日は600円で地下鉄乗り放題のエンジョイエコカードがお得です!)

あとは中ふ頭の駅はエスカレーターがちょっと長めなので高所恐怖症の方には大変かもしれません。謎知識。

ちかんにカンカン!缶バッジのこと

f:id:ZOI7:20170923231608j:plain

昨年くらいから地下鉄なんば駅で配布されていた「ちかんにカンカン!缶バッジ」。

「配布終了しました。新デザイン準備中」とポスターに貼り紙がついていたことで、残念に思っていたところ、黄色からピンク色に変わっただけ……というオチでした。好き。

更に天王寺駅のポスターをよくみると「天王寺駅限定デザイン配布中」とあったので思わずもらってしまいました。限定に弱い……

実は前からデザインが気になっていたんですけれどもコンセプト的にもらいづらくてスルーしていたのですが、次の痴漢抑止缶バッジのデザインの公募ポスターも見かけてしまったので今のデザインのうちにということで。

写真の右側の黄緑色の缶バッジが天王寺駅限定デザインです。(ちなみに右側の赤色は梅田駅限定デザイン)

 

社員証のネックストラップにつけようと思ったら思いの外大きくてつけるのをやめました。結構自己主張激しめサイズの直径5.5cm。(私調べ)

本来は通勤バッグなんかにつけて痴漢を抑止しようという目的なので、サイズが大きめなんだと思いますがちょっと扱いに悩みます。良い場所を見つけるまでひとまず待機とします。

 

発端となったなんば駅のほかにも配布している駅がある、ということで暇つぶしに確認してきました。

駅名 配布デザイン
東梅田
梅田 ピンク・赤
淀屋橋 ピンク・水色
心斎橋 ピンク・水色
なんば 黄色・水色・ピンク(すべて配布終了)
天王寺 黄緑※

 ※天王寺駅のデザインは「No More!!ちかん」で、ほかは「Don't touch me!」(すべてもらったわけではないので、ポスターを確認するかぎり)

 

東梅田は天王寺の駅員さんに教わりました。

意外にも情報がないので他の線での配布状況までは流石に探す気力が……

こういうのは鉄道好きな人が詳しそうなんですが缶バッジを探す層とは違いそうなので難航しそうですね。

リアル脱出ゲーム×Pokémon the movie 20「ホウオウの試練からの脱出」に行ってきた

f:id:ZOI7:20170923124551j:plain

 

朝晩が涼しくなってきました。

というわけで、そろそろポケモンのリアル脱出ゲームに行ったときのことでも。

 

真夏の暑い時期に行って、この時期はやめといたほうがいいよ☆的な記事を早くあげたかったのですが、暑すぎてそんな元気ありませんでした。すみません。

※残念ながらネタバレや謎解きの答えはありません。

 

リアル脱出ゲームとは

謎解きをして、話を進めていくゲーム。

以上。

いや……良い説明は検索してもらった方がいいと思います。

正直行くまでどんなものか全く想像が付かなかったので、行かないといまいちよくわからないと思います。別に「脱出ゲーム」の名前に縛られて部屋から出られないとかではないです。

 

一応、チケット制になっています。

私は過去に逆転裁判コラボのものに行きましたが、屋内で6人一組(知らない人と同じグループ)で、逆転裁判風の謎解きを制限時間内に解いていく……というものでした。

なお、クリアはできませんでした。

 

ホウオウからの脱出の特徴

メインは屋外。とにかく歩く。脱出ゲームではなくウォークラリー

(土地勘がなかったり、地図が苦手だったりすると苦戦するかもしれません。)

・A4くらいのモンスターボール柄のバインダーがもらえる。

(恥ずかしい人は大きめのカバンがあると◎)

・参加する日に解ききらなくてOK

(天候が悪いときはチケットの日時に参加だけして、セット一式受け取って後日天候の良い日にチャレンジしてもOK)

 

ホウオウからの脱出の感想もどき

「トレーナーコース」…想定90分

「博士コース」…想定180分

になっていて、スタート時間が50分幅がある……?時間おかしくないか……?と思ったら屋内型ではなく、屋外型でした。ちゃんと明記しておいてほしかったです。死ぬほど暑かったので正直、かなり根に持っております

 

と、まあ恨み節はこれくらいにして。私は博士コースで遊びました。

おそらく、博士コースの前半パートがトレーナーコースにあたるかと思われます。

(トレーナーコースでは遊んでいないので違うかもしれませんが)

トレーナーコースは長くて90分程度という認識で間違いないと思います。

ポケモンというコラボ作品の性質上、小学生でも楽しめるようになっています。イメージとしては小学生の頃に図書室にあったなぞなぞの本。ああいうノリのウォークラリーです。

ちなみに、ポケモンの知識は特に不要です。もしもわからなくなった場合はちゃんと書いてあるので安心です。(知識を使うとすればたぶん博士コースの1問分くらいですが、ちゃんと書いてあります。)

あと、公式でも推奨されていますが、問題文が町中に貼り出されているので、問題文を見かけたら撮影しておくことをオススメします。更に場所(A地点とか)もわかるようにしておくとなお良しです。同じ地点に複数回行くことになったり、今は通り過ぎて良いけれど後でまた戻ってこないと行けなくなったりすると後半に影響します。

 

博士コース後半。後半からがリアル脱出ゲームの本領発揮という感じでした。

こちらは「君に決めた!」世代向けの難易度という印象で、おそらく、リアル脱出ゲームが好きな人はサクサクいくんじゃないかなあと思います。答えを知ったあとにこれがリアル脱出ゲームの定石なんだろうなあと思ったので、たぶんリアル脱出ゲームとしては簡単な方なんだと思います。

不慣れなものでクリアまでヒントを2回(1人1回使用可)使い、3時間以上かかりました。怖い。

そんな感じでしたが一応当日中にクリアできて本当に良かったです。

 

ストーリーに関しては特筆すべき点はなく、無難な感じです。

一度リアル脱出ゲームをやってみたいなという人には、オススメします。ただし歩きやすい日に限りますが。

カバンの中身を開けるとピンクだらけだった

今週のお題「カバンの中身」

 

カバンの中身とか化粧ポーチの中身とかデスク公開大好き人間です。

今週のお題がカバンの中身ということで参戦。特におもしろみはありません。

 

f:id:ZOI7:20170823231503j:plain

 

手帳…ナカバヤシの前年10月から翌年3月までの日曜日始まりのマンスリー手帳

ヤマダ電機かどこかの電機屋で投げ売りされていたのを見つけててぱらぱらめくったら理想的すぎて感動して以来毎年これです。

 

財布…10年以上前の高校入学祝いに祖母から買ってもらったジャンポールゴルチェの財布。おんぼろ。

ケラ!のお財布特集みたいなので一目惚れしたものの、購入してすぐゴルチェが撤退し、財布を買い換えられないまま今に至ります。

 

定期入れ…ゴルチェの後を継いだアルセラピィ。アルセラピィの二つ折り財布が使いにくかったこと、長財布のデザインがあまり好みではなかったもののどうしてもローズシリーズの何かをもう一つ手持ちに加えたく、定期入れをセレクト。葉脈とか技術がスゴイのはわかるけれどもゴルチェの方が好きなんですよね……

 

ティッシュケース…マリクヮのティッシュケース。鼻がトナカイになってしまうため鼻セレブを愛用。ポイントカード入れとして購入したものの、ケースが可愛いので可愛い使い方にしたく、ハンドクリームとリップクリームを入れることに。

 

ボールペン…アクロボール2。赤と黒のボールペンだけというのがまず少なく(だいたいシャープペンがついている)、そこからインクの好みで絞ってパイロットのアクロボール2に決めてヘビロテしています。先端部分が結構どこかにいくので泣く泣く本体から買っていますが、残された軸?(上の部分)が勿体ないので値段そのままでいいから先端部分だけでも売って欲しいですパイロットさん……

 

折りたたみ傘…(写真にはなし)高校生くらいの頃から折りたたみ傘を持つと急に雨が降らなくなった気がするのでずっと持ち歩いています。ずっと折りたたみ傘を持ち歩いているから急な雨と感じなくなったと今気付きました。(あたまわるい)

 

化粧ポーチ…(写真にはなし)アイブロウと口紅とチークが入ったツモリチサトのアリスの柄。化粧直しの作法が未だによくわかっていないので、最低限メイクしてますよ感だせるものだけ。

 

 

あと、今の時期は汗拭きシートを持ち歩いたり。

ハンカチはスカートで手を拭くダメ女(女と言って良いのかさえ危うい)でしたが、働き始めてから持ち歩くようになりました。ただ、専らカバンに手垢や汗がつくのを防ぐために使っていて、会社では使い捨てのペーパータオル(私物)で手を拭いています……ハンカチで手を拭くのはなんだか不衛生な気がするんだよ……(スカートで手を拭いていたくせに気にする)

 

熱中症になって病院に行ってから、保険証とセットでお薬手帳も持ち歩いた方がいいのかなと検討中。普段から薬飲んでいるわけじゃないので本当にお薬手帳が必要か正直疑問なんですけれど、折角作ってもらったのでちゃんと使いたいなと……

 

 

と、言う感じですかね。

写真を見るとピンクが多くてびっくりしました。意外と自分では気付かないものですね。

白が好きで、機械とかだとメタリックピンクが好きなので財布・定期入れは別として……(ニンテンドーDS Liteはもちろんメタリックロゼ愛用でした)

ピンクで優しい人間になろうという謎意識により職場の文房具もピンク多めなんですけれどまさかここまで意識してピンクを選んできたとは……

小学校低学年の頃、ピンクが大好きだったんですけれど、だんだん大きくなるにつれピンクってぶりぶりしすぎてて好きじゃないな、水色が好きだなって思っていたんですけれど原点回帰なんですかね。

実写化の最大の難点は動物なのかも、と思った映画『銀魂』

私の青春時代をともに歩んだ漫画『銀魂』がとうとう実写映画化されるということで、ビクビクしながらも次第に公開される情報に胸を躍らせつつ、ようやく鑑賞することができました。これで私の観たかった実写映画コンプリートです!(他は美女と野獣東京喰種。どちらも良かったです。)

 

ギリギリに前売り券を買いに行ったら都会の映画館ではほぼ完売でビックリしました……こんなことあるんですね。

というわけで地元の映画館へ。田舎なので在庫は豊富でしたが高杉だけは田舎ですら完売(都会の映画館では他は「入荷待ち」の表示、高杉のみ「完売」)で、ジャニーズということもありビジュアルを確認できたのは本編でした。すごい。

f:id:ZOI7:20170816211330j:plain

明治ザチョコレートの箱の上に置いてみたけれどトリミングしたら床に置いているみたいになってしまった……

神楽とさんざん迷いましたが、主人公ということで銀さんにしました。

今思えば菜々緒好きとしてはまた子を買えば良かった……!チケットショップでも銀さんは見かけますがまた子はなかなか手に入りづらそうなので後悔。 

続きを読む