実写映画「美女と野獣」

エマ・ワトソンがベルを演じるというニュースを見かけてどれくらい経ったでしょうか。首を長くして待っていた実写版美女と野獣をようやく観に行きました。

(こう書くと最近鑑賞したようですが、公開初日に鑑賞しました)(なので記憶が少し曖昧)

「良かった」に尽きるのですが、それだけでは味気ないので、もう少し。

アニメの実写化はハズレが多く、鑑賞さえしない作品も多かったのですが、イメージと離れすぎず、かといってすべてがアニメ通りではなくある程度のアレンジもあってかなりの良作かと。今年は銀魂や東京喰種と、実写版が気になる作品がまだあるので当たり年であってほしいなと思います。

 

トーリーについて他の人から「トントン拍子で進みすぎじゃない?」と言われたのですが、その点は原作が原作なのでその辺は何とも思いませんでした。むしろディズニーアニメはそういうシンデレラストーリーで良いんですよ。

人生の支えは℃-uteだった

どん底だった私を救ってくれたアイドルグループ、℃-uteが一昨日、2017年6月12日の9:10*1をもって解散した。

*1:9(きゅー):10(と)の語呂合わせ

続きを読む

ミッチーのワンマンショー準備編

ミッチーのワンマンショー行ってきた感想だけのつもりが色々長くなりすぎたので分けました。

感想はこちらの記事です。

zoi7.hatenablog.com

ワンマンショーをオススメしたいのに、調べても意外に準備関係のことが出てこないので(きっと個人HPからブログになり、更にツイッターに移行されたためにどんどん見つけにくくなっていると思われます)事前に知りたかったことなどを重点的に記しておきます。

残念ながら楽曲に関しては勉強中のため、この記事において「この曲ではxxする」といった内容はありません。ただ、楽曲を知らなくても楽しめるということだけは強調させてください。(ディズニーアニメを知らずともディズニーランドを楽しめるのと同じだと思います。世界観がきちんと成り立っているので。)

続きを読む

及川光博ワンマンショーツアー2017「FUNK A LA MODE」@神戸国際会館こくさいホール

f:id:ZOI7:20170424074947j:plain

仕事が過労死ライン程度に忙しくてブログどころではなかったのですが、無事に乗り越えたので行ってきました!!及川光博ワンマンショー!!

去年の末くらいから人生で一回くらいは行きたいなと思っていたのでようやく自分の心の宣言どおり行ってきました。めちゃくちゃ楽しかったのでみなさんぜひ!!縁起でも無いので言いたくないけれど、ミッチーだっていつまでやってくれるかわかんないですよ!!(最近多い芸能界引退ニュースを受けて)

 

ちなみに私自身、ミッチーのことは王子様ということと相棒の神戸くんくらいしか知らないうえに申し訳ないことに楽曲を一曲も知らないほぼ真っ白な状態で行きました。

ただ、お作法は大切な気がしたのでレポブログを漁り、死んでもいいという曲ではポンポンが必要らしいという情報だけは一応仕入れて参戦。

素直にグッズのポンポン(自分で作るタイプ)を購入しましたが、作るの難しすぎて失敗作の写真をネタでもアップすることすら躊躇われるレベルの物体ができあがりました……古紙回収のビニールひもみたいなやつ裂くタイプのポンポンしか作ったことがない人間に銀テープみたいなポンポンうまく作れるはずがなかったです……コツとしては丁寧かつ大胆に。グッズのポンポンは結構力いれて大丈夫っぽいです。

ほんとうに開演前にみんなポンポン作ってたのには驚きを通り越して感動しました。結婚式の二次会とかホテルのレストランで同窓会的なワンピース姿の方たちがですよ……

 

5時半開演だったので、5時に到着グッズは開演までに買えないのではと思うくらい並んでいたのですが、思いの外スムーズで開演前には無事着席できました。(開演時間が押していたかどうかは未確認です、なんせポンポンと格闘していたもので。)

 

席は三階席のゴー!ゴー!シート。

ミッチーのコンサートは最後列はサイコー!列シートという名目で3000円、その前3列がゴー!ゴー!シートという名目で5500円、そのほかは7800円と後ろの席はお財布に優しい親切設計。ちなみにサイコー!列シートは席数の少なさと価格設定のおかげで売り切れが早い気がします。(実はサイコー狙いだったんですが買えませんでした)

初心者なのでコールアンドレスポンスも合いの手もわからないので後ろの方で良かったです(後ろの席ほど初心者やシャイな方も多いので浮かない)。ただ、次回はもっと前の席で楽しみたい欲が出てくるから恐ろしいですね!

ちなみにコールアンドレスポンスはかんたん。ミッチーが「○○ですかー?」と聞くと、「○○でーす\(^o^)/(手の振りもポイント、そしてミッチーが合図するまで声を伸ばす!!)」みたいなかんじ。わかりやすい。そして言いたくなるんだなこれが!!ドルオタみんな好きなやつや……ってなります。

 

セットについては先日話題になったツイートがあるのでご存じの方もいるかもしれませんが、豪華で、良い言葉が浮かばなくて恥ずかしいのですが、まさしく「ショー」って感じでした。

ちなみに話題になったツイート

  

あと個人的にもっとアピールすべきだと思ったのがチエホフ*1という執事の存在!ミッチーのマントの調整をしたり、投げたマントを回収したり、ドリンクを用意したりとその辺りの世界観もすばらしかったのでそういうの好きな人はたまらないと思います。

 

始まると正直あっという間でした。

知らない曲ばかりなので、長く感じるだろうなあと思っていたのですが、あっという間でした。三時間があっという間って……そしてそれを歌い、踊り、そして喋るミッチーがすごい。

MCも結構面白かったです。最近テレビやイベントでの発言がすぐニュースになるという話題が印象的でした。「ベイベー」(ミッチーの女性ファンのこと)が「ベイビー」表記になっていた、とか「ファンクがやりたい」が「パンクがやりたい」になっていた、とか。(最終的に、 言葉選びは洋服選びと同じように慎重に。自分を表現するものだから。というお言葉まで。)

愛と哲学の小部屋という来場者の質問・相談に答えるコーナーでは小学四年生になったばかりの徳島出身のベイベーの質問コーナーがツボでした。「腰振りづれー」と一言のあと、体育が好きという小四ベイベーと同様ミッチーも体育が得意、特にマット運動(前の文脈から一瞬下ネタと捉えてしまって申し訳なかった)が得意だったというもの。マット運動特有の最後のポーズはきちんと決めていたがポーズが長すぎて注意を受けるというエピソードを披露してくださったのですが、そのせいで肝心の算数の克服方法を答え忘れるという。(算数の克服方法は自分で考えよう☆という結論にいたりました)

 

アンコールは「ミッチー!」チャチャチャ(手拍子)。初心者にもわかりやすいコールでした。しかもセットのライトがちゃんと手拍子に合わせて光るのがすごく面白かったです。ずっと同じことやってるんじゃなくて、だんだん光のパターンが変わるんですよ!演出がすごく新鮮に感じました。

 

最後の最後までたっぷり楽しんできました。また行きたいです!

 

戦利品

f:id:ZOI7:20170424075005j:plain

カレンダー欲しかったので嬉しい。早速部屋に置いているのですがみっともない行動が抑制されてよいです。

そしてチョコのおまけステッカー、他はどういう写真か気になります。めちゃくちゃチョコの香りするよミッチー。クランチチョコおいしかったです。

愛と哲学の小部屋、書こうと思ったけれども思い浮かばないまま持ち帰ってしまいました。すみません……

来場者アンケートは全部目を通している(代わりにネットは見ない)との発言があったのと、興奮を伝えたかったのでアンケートはちゃんと書いて帰りました。

*1:twitterもやってらっしゃる模様 執事 チエホフ (@m_concier) | Twitter

午前十時の映画祭8「アメリ」

午前十時の映画祭8

先日、新聞の広告欄で偶然『アメリ』や『ショーシャンクの空に』が劇場で観られることを知り、早速『アメリ』を観に行きました。

朝十時から名作が映画館で観られる午前十時の映画祭、今年で八回目、ということで八年目でしょうか。一つの期間で一年なのですが、今まで開催を全く知りませんでした……逆にすごい気が。

注意ポイントとしてはTOHOシネマズなんば(大阪)やミッドランドスクエアシネマ(名古屋)は別館上映であるというところでしょうか。他に別館がある映画館を知らないというのもあってこの二軒だけ。

 

続きを読む

ステラおばさんのクッキー詰め放題記

ずーっと気になっていたステラおばさんで880円のクッキー詰め放題やってきました。写真はありませんが、成果は1200円分くらいでした。やったね!

 

続きを読む

映画ドラえもん のび太と南極カチコチ大冒険

f:id:ZOI7:20170315002032j:plain

事前にポスターのデザインが話題になっていたようですね。思わずポストカードブックを購入してしまいました。

観終わってからキャッチコピーを確認すると超絶ネタバレじゃないか!と思うのですが皆様どうなんでしょ。(私はなるべく情報収集せず観る派で、見終わってから色々漁ります。伏線とか考察とか)

 

あらすぎるあらすじ

夏が暑すぎるので南極で過ごすことにしたドラえもんのび太

南極の氷に埋まっていたリングの持ち主を探しに、過去の南極へ冒険する--

詳しく知りたい方は公式とかみてください。あらすじなのでいいんですこんなもんで。

 

ざっくりした感想

ドラえもんという作品に対する感想

・空き地が狭くなってる……!

・ドラミちゃんの声も変わってる……!

ドラえもんの秘密道具、ニッチな道具が多すぎやしないか……?

映画関係ない気がしますが、結構な衝撃でした。上二つは声優さん交代でリニューアルしたのでその影響だと思いますが、最後のは大人になったから思ってしまうのかなあ、と。

ときどきアニメをみるときにも思うのですが、今回だとたとえば「氷年代そくてい機」(氷にあてると、いつ頃に凍ったものかわかる)。氷限定じゃなくてもいいじゃん、みたいな。土でもなんでもそくていできる道具の方が汎用性あってよさそう、みたいな。……氷年代そくてい機ですが、存在しそうな気がするのは私が大人になったからなのか、それとも技術が進歩したからなのか、ちょっと不思議です。

 映画固有の感想

・フード姿のドラえもんたちの色使いがすごく好き

・ブリザーガ(敵)が巨神兵っぽい

・敵が怖い

ちびっこがざわついていて、泣いちゃうくらいの子が映画鑑賞するんだ、と逆に驚きました。そのくらいの子だとストーリーが難しかった気が……

・ゲスト声優気づかなかったー!

エンディングロールに浅田舞織田信成と流れてきて気がつかなかったことが結構ショックでした。パオパオの声とか全く気にしてなかった。

南極→氷→フィギュアスケートという連想には自力でたどりつけなかった……

 

 まとめ

ストーリー自体は大人だと先が読めてしまう展開もあると思うのですが、久々のドラえもん映画はとっても面白かったです。ぜひ多くの方に、ポップコーンとともに楽しんでいただきたいです。

リメイク作品ではないので、リニューアル後のドラえもんにあんまり抵抗なく触れていけるのではないかな、と思います。リメイク作品観たことないけど!

 

P.S.劇場で見逃した日本誕生、テレビでみたかったー!!