読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

及川光博ワンマンショーツアー2017「FUNK A LA MODE」@神戸国際会館こくさいホール

生ミッチーを拝んできたレポ

f:id:ZOI7:20170424074947j:plain

仕事が過労死ライン程度に忙しくてブログどころではなかったのですが、無事に乗り越えたので行ってきました!!及川光博ワンマンショー!!

去年の末くらいから人生で一回くらいは行きたいなと思っていたのでようやく自分の心の宣言どおり行ってきました。めちゃくちゃ楽しかったのでみなさんぜひ!!縁起でも無いので言いたくないけれど、ミッチーだっていつまでやってくれるかわかんないよ!!(最近多い芸能界引退ニュースを受けて)

 

ちなみに私自身、ミッチーのことは王子様ということと相棒の神戸くんくらいしか知らないうえに申し訳ないことに楽曲を一曲も知らないほぼ真っ白な状態で行きました。

ただ、お作法は大切な気がしたのでレポブログを漁り、死んでもいいという曲ではポンポンが必要らしいという情報だけは一応仕入れて参戦。

素直にグッズのポンポン(自分で作るタイプ)を購入しましたが、作るの難しすぎて失敗作の写真をネタでもアップすることすら躊躇われるレベルの物体ができあがりました……古紙回収のビニールひもみたいなやつ裂くタイプのポンポンしか作ったことがない人間に銀テープみたいなポンポンうまく作れるはずがなかったです……コツとしては丁寧かつ大胆に。グッズのポンポンは結構力いれて大丈夫っぽいです。

ほんとうに開演前にみんなポンポン作ってたのには驚きを通り越して感動しました。結婚式の二次会とかホテルのレストランで同窓会的なワンピース姿の方たちがですよ……

 

5時半開演だったので、5時に到着グッズは開演までに買えないのではと思うくらい並んでいたのですが、思いの外スムーズで開演前には無事着席できました。(開演時間が押していたかどうかは未確認です、なんせポンポンと格闘していたもので。)

 

席は三階席のゴー!ゴー!シート。

ミッチーのコンサートは最後列はサイコー!列シートという名目で3000円、その前3列がゴー!ゴー!シートという名目で5500円、そのほかは7800円と後ろの席はお財布に優しい親切設計。ちなみにサイコー!列シートは席数の少なさと価格設定のおかげで売り切れが早い気がします。(実はサイコー狙いだったんですが買えませんでした)

初心者なのでコールアンドレスポンスも合いの手もわからないので後ろの方で良かったです(後ろの席ほど初心者やシャイな方も多いので浮かない)。ただ、次回はもっと前の席で楽しみたい欲が出てくるから恐ろしいですね!

ちなみにコールアンドレスポンスはかんたん。ミッチーが「xxですかー?」と聞くと、「xxでーす\(^o^)/(手の振りもポイント)」みたいなかんじ。わかりやすい。そして言いたくなるんだなこれが!!ドルオタみんな好きなやつや……ってなります。

 

セットについては先日話題になったツイートがあるのでご存じの方もいるかもしれませんが、豪華で、良い言葉が浮かばなくて恥ずかしいのですが、まさしく「ショー」って感じでした。

ちなみに話題になったツイート

  

あと個人的にもっとアピールすべきだと思ったのがチエホフ*1という執事の存在!ミッチーのマントの調整をしたり、投げたマントを回収したり、ドリンクを用意したりとその辺りの世界観もすばらしかったのでそういうの好きな人はたまらないと思います。

 

始まると正直あっという間でした。

知らない曲ばかりなので、長く感じるだろうなあと思っていたのですが、あっという間でした。三時間があっという間って……そしてそれを歌い、踊り、そして喋るミッチーがすごい。

MCも結構面白かったです。最近テレビやイベントでの発言がすぐニュースになるという話題が印象的でした。「ベイベー」(ミッチーの女性ファンのこと)が「ベイビー」表記になっていた、とか「ファンクがやりたい」が「パンクがやりたい」になっていた、とか。(最終的に、 言葉選びは洋服選びと同じように慎重に。自分を表現するものだから。というお言葉まで。)

愛と哲学の小部屋という来場者の質問・相談に答えるコーナーでは小学四年生になったばかりの徳島出身のベイベーの質問コーナーがツボでした。「腰振りづれー」と一言のあと、体育が好きという小四ベイベーと同様ミッチーも体育が得意、特にマット運動(前の文脈から一瞬下ネタと捉えてしまって申し訳なかった)が得意だったというもの。マット運動特有の最後のポーズはきちんと決めていたがポーズが長すぎて注意を受けるというエピソードを披露してくださったのですが、そのせいで肝心の算数の克服方法を答え忘れるという。(算数の克服方法は自分で考えよう☆という結論にいたりました)

 

アンコールは「ミッチー!」チャチャチャ(手拍子)。初心者にもわかりやすいコールでした。しかもセットのライトがちゃんと手拍子に合わせて光るのがすごく面白かったです。ずっと同じことやってるんじゃなくて、だんだん光のパターンが変わるんですよ!演出がすごく新鮮に感じました。

 

最後の最後までたっぷり楽しんできました。また行きたいです!

 

戦利品

f:id:ZOI7:20170424075005j:plain

カレンダー欲しかったので嬉しい。早速部屋に置いているのですがみっともない行動が抑制されてよいです。

そしてチョコのおまけステッカー、他はどういう写真か気になります。めちゃくちゃチョコの香りするよミッチー。クランチチョコおいしかったです。

愛と哲学の小部屋、書こうと思ったけれども思い浮かばないまま持ち帰ってしまいました。すみません……

来場者アンケートは全部目を通しているらしい(代わりにネットは見ないらしい)のと、興奮を伝えたかったのでアンケートはちゃんと書いて帰りました。

*1:twitterもやってらっしゃる模様 執事 チエホフ (@m_concier) | Twitter