ミッチーのワンマンショー準備編

ミッチーのワンマンショー行ってきた感想だけのつもりが色々長くなりすぎたので分けました。

感想はこちらの記事です。

zoi7.hatenablog.com

ワンマンショーをオススメしたいのに、調べても意外に準備関係のことが出てこないので(きっと個人HPからブログになり、更にツイッターに移行されたためにどんどん見つけにくくなっていると思われます)事前に知りたかったことなどを重点的に記しておきます。

残念ながら楽曲に関しては勉強中のため、この記事において「この曲ではxxする」といった内容はありません。ただ、楽曲を知らなくても楽しめるということだけは強調させてください。(ディズニーアニメを知らずともディズニーランドを楽しめるのと同じだと思います。世界観がきちんと成り立っているので。)

 

時間関係

※開場・開演時間は会場によって異なるので、開場時間などにあわせて逆算するなど参考までにどうぞ

【グッズ先行販売】13:15~16:15

【開場】16:45【開演】17:30

【1部終了】19:00ごろ【2部終了】20:00ごろ

【終演】20:30ごろ

グッズ販売

グッズは5000円以上購入でクレジットカード使用可能でした。

グッズ売り場とは別にCD・DVD販売がありました(おそらく他のアーティストでもCD・DVDはグッズと別会計が多いと思います)。

先週火曜日にアルバムのリリースがあったので今回だけかもしれませんが、最新CD購入者にはサイン色紙かオリジナルクリアファイルのうちどちらかが特典として販売されていました。サイン色紙は完売していたようです。

持ち物

チケットなどは別として、これは!と思ったものを。

ペン

会場では二枚の紙にメッセージを書くことになると思います。

開演前に「愛と哲学の小部屋」(ベイベー・男子の悩みや質問に答えるコーナー)の用紙。こちらは回収ボックス周辺にペンが多く用意されています。

そしてもう一枚が終演後の「アンケート」。終演後のためかペンが片付けられていた(2017/4/23 神戸公演)ため注意です。ミッチー曰くアンケートには目を通しているそうなので、伝えたいことがある方は筆記具または筆記具を持っている方に声を掛けられる勇気を。

ポンポン

「死んでもいい」という曲のみで使用します。バラード以外で使用OKなキラキラ棒(ケミカルライト、ペンライトと同義)とは違ってたった一曲のためだけに使用します。なので、グッズのものではなく個人作成のものも多く見かけました。(一応両手分で1000円。高いとみるか、安いとみるかは個人次第です。)

グッズのポンポンでいいか、と安直に考えていると痛い目に遭う*1ため、初めての方はなるべく早めの購入・作成が吉。

グッズのポンポンにも一応作り方の紙もついているのですが、たぶんこちらの方がわかりやすいのでおすすめです。pdfでダウンロードもできます!親切!

www.happy-ponpon.com

会場ではねじるの意味がイマイチわからなかったのですが、この説明がわかりやすいです。グッズのポンポンは頑丈なのでがっつり回転させて大丈夫です。

個人的には裏側にねじるのには目から鱗。ねじりやすいしキレイにできたのでおすすめです。自宅でやり直して感動しました。

グッズのポンポンはこちらのショップのポンポンのような気が……いたします。

 

恥を忍んでポンポンをアップします。

f:id:ZOI7:20170502215630j:plain f:id:ZOI7:20170502215635j:plain

左が会場で作った状態、右が自宅で作り直した状態です。二枚目だと特に立体感の違いが伝わるのではないでしょうか。ねじるのが大事です。

会場

神戸国際会館

阪神三宮駅から地下街(さんちか)経由で濡れずに行けます。ちゃんと案内もあるので親切。

一階席は会場入ってすぐの扉から!ではなく、一階席もエスカレーターに乗る必要があります。この会場は二回目なのですが、ここのエスカレーターがちょっと長くて個人的に苦手です。

*1:ポンポンって球体のはずなのにどうして私のポンポンはタイヤ状なんだ……とできあがった物体を持つのすら恥ずかしかったです。ネタでもアップロードをためらうできばえでしたが、一応自宅で作り直すことができたため、この記事でアップしています。