星のカービィ25周年記念オーケストラ

f:id:ZOI7:20170618223427j:plain

 

最近ゲーム音楽のオーケストラがちょいちょい増えてきたような気がしますが、星のカービィで念願のオーケストラ鑑賞デビューしてきました!

 

そして帰りに茶屋町で開催中のプププトレインに行きました。

f:id:ZOI7:20170618223432j:plain

(グッズはパンフレットしか買わなかったのでプププトレインのものをアップしておきます。マシュマロ売り切れてた……)

 

カービィのオーケストラは東京公演がまだ残っているので、ネタバレは一番最後にしています。

 

 

時間について

<6/18 大阪 昼公演>

9:00グッズ販売開始(夜公演終演後まで)

12:45昼公演開場

13:00開演(少し遅れて開演)

14:00ごろ 一部終了

14:20ごろ 二部開演

15:40ごろ 昼公演終演

 

グッズについて

9:00~(大阪公演)

※チケットがないと購入不可

※オリジナルショップ袋あり

カービィカフェで販売していた一部の商品の販売もありました。(CD、ミニタオルなど)

昼公演前の時点でマフラータオル、スクエアカンバッジコレクション(ランダムの缶バッジ)、TシャツXL、カービィカフェのミニタオル(カービィの絵柄)が完売でした。

 

服装について

オーケストラだから、とフォーマルな感じの人は見当たりませんでした。

本当に普通。

カービィなので、ユニクロ任天堂コラボのTシャツ(スプラトゥーンカービィが多め)をよく見かけました。グッズのTシャツはもちろん、カービィカフェのTシャツも見かけました。

好きなものを着ていけばよいかと思います。

 

本編の感想など

本当に偶然開催を知ったのですが、見事に先行の存在を忘れており、通常公演は全滅。

転売価格がものすごい価格になったところで追加公演の発表があり、見事に参加することができました。本当にありがたい限りです。

オーケストラだけではなく、制作陣のMCもあり、退屈させない構成で曲をそこまでたくさん知らない身でもじゅうぶんお腹いっぱい楽しめました。(もちろん、曲を知っていればより一層楽しめると思います)

個人的にカービィが出てきて大本さんの生アテレコはかなり面白かったです。

アイドルオタクとしてはでんぱ組のみりんちゃんが気になりましたが、ガンガン出てくるわけでもなく、普通に司会をこなしていました。めちゃくちゃ普通。どちらかというとオタク側でした。黒のワンピースでした。(オタク向けの報告)

宣伝も兼ねていることもあってか、ゲームの紹介も多め。最近のカービィのゲームはそんなにプレイしていないのですが、カービィすいこみ大作戦が気になったので配信開始が楽しみです。

 

演出のこと

ゲーム音楽のオーケストラは初めてなので、他がどうかはわかりませんが、奏者の上に大きなビジョンが用意され、そちらでゲーム画面を見ながらオーケストラの演奏を楽しむという仕様で、音楽もすごいしゲームも懐かしいしで、音以外にも楽しめる要素があったことに驚きました。

あと照明の演出も凝っていた印象を受けました。かわいい。

オーケストラのこと

オーケストラとか初めてだったので、正直全くよくわからないのであんまり書けないのですが……

バイオリンのように弾く系、フルートのように吹く系とは別にパーカッションが個人的に興味深かったです。

シンバルや太鼓、木琴担当の人が風の音をブーメランみたいなもので表現していたり、拍子木みたいなものを使っていたり……(驚くほど楽器の名前がわからない)

どうやってこの音が出てるんだろう、と一番わくわくしながら探しました。

 

 

 

桜井さんによる話(注:ネタバレあり)

 

ネタバレありのため、少しだけスクロール必要です。

 

 

うろ覚えです。

 

 

 

 

 

カービィの声について

ゲームとアニメではカービィの声の雰囲気が違う。

アニメでは、視聴者に共感してもらうため、感情がでやすいよう「ぽよ」といった具体的な言葉を発している。

対してゲームは、プレイヤー自身がカービィなので、ニュートラルな感じを意識して演じてもらっている(と桜井さんが言ったものの、大本さんは覚えていない様子)

ちなみにカービィ役の大本さんはスマブラカービィのオーディションのほか、ネスのオーディションも受けていた。PKファイア-!!!

 

制作秘話

カービィを作ったのは桜井さんが19歳の頃。

ドット絵全盛期だったので)当時は方眼紙を使ってデザインする方も多かったが、スーファミの機械(この辺りは詳しくないので失念)で作成した。ちなみにこの機械は昨日寄った日本橋(大阪の)で2万円くらいで売られていた。

とにかく容量がないので、左右反転やワドルディワドルドゥで背中側のパーツ半分を共有することで1.5体分の容量で敵を2体作った。

デデデ大王のシーンでは敵がデデデ大王だけなので容量をそこまで気にしなくていいので楽だった。

実際のスライドを見て説明されていたのですが、かなり面白かったです。

どこかに公開されているようです。

 

大阪公演のみの話:メタナイトのこと

メタナイトの仮面部分(Vの字の部分)は、カービィのゲーム内では太いV字になっているが、スマブラではスッキリしたデザインでクールな感じを演出している。

META KNIGHTはあとからつけた名前。META=鉄仮面の意。

メタナイト登場の当初はSMASH META ARMOR(剣で戦う)とMETAMORPHOSIS  META ARMOR(メタモルフォーゼ=変身する)の二度登場する予定だった)